ビットコインなどの仮想通貨の確定申告は今すぐ税理士さんに頼むべき理由とは

Pocket
LINEで送る

札幌白石区にある仮想通貨に取り組んでいる千葉税理士事務所です。ビットコインなど仮想通貨が活況になっている反面、経理や税務の詳しい本さえないという実情です。

ビットコインなどの仮想通貨の確定申告は今すぐ税理士さんに頼むべき理由とは

ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨取引が活況になった平成29年度の確定申告時期になりました。

仮想通貨や暗号通貨といっても「よくわからない」という税理士さんも多いらしく対応してもらえないという声も聞きます。

そうはいっても仮想通貨取引では億り人(おくりびと)も出ているわけで、確定申告をしなければなりません。

今回は仮想通貨取引の確定申告の準備についてお話しします。

※PR:仮想通貨専門の千葉税理士事務所は初回相談が仮想通貨で支払えます。

(目次:ビットコインなど仮想通貨の確定申告は今すぐ税理士さんに頼むべき理由とは)

1.仮想通貨取引は知らないうちに利益確定になっている人が多い

①ビットコインやアルトコインを購入しただけでは課税関係はない

②ビットコインとアルトコインなど仮想通貨取引は通貨交換でも利益が確定

③マイニングの場合には仮想通貨付与段階で利益確定が起きている

④仮想通貨FXも確定申告が必要になる

2.ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨取引の計算はとても時間がかかる

3.仮想塚取引の税金対策の今年の分は始まっている

4.千葉税理士事務所の仮想通貨取引の確定申告対策

1.仮想通貨取引は知らないうちに利益確定になっている人が多い

仮想通貨取引の税金についての考え方が詳しく発表されたのは平成29年12月1日のことです。

ビットコインの急騰など仮想通貨の取引が活発になったのは平成29年の秋頃です。

この時期に詳しく発表されても対策のとりようもないまま確定申告に向かわざるを得ない投資家も多いと思います。

税理士さんのなかでは仮想通貨が雑所得ではなく譲渡所得に該当する余地があるのではないかという議論もあったほどです。

急に税務署が出した指針にのとって確定申告をするわけですから、計算や申告準備も早めに取りかかる必要があります。

①ビットコインやアルトコインを購入しただけでは課税関係はない

まず最初にビットコインやアルトコインを購入しただけでは所得税の確定申告の必要はないので安心してください。

国内のビットフライヤーやコインチェックなどで仮想通貨を購入している場合には原則としてこのようになります。

バイナンス(BINANCE)など海外取引所で仮想通貨を購入している場合には、別途注意が必要になります。

ただし、売却したりすると利益確定(利確)が起きるので確定申告の必要が出てきます。

平成29年度確定申告は必要なくとも、平成30年度以後に確定申告をする必要が出てくるということになるので注意しておきましょう。

②ビットコインとアルトコインなど仮想通貨取引は通貨交換でも利益が確定

仮想通貨のなかでもビットコイン以外のアルトコインを取引している方も多いと思います。

仮想通貨を別の仮想通貨と交換したタイミングで利確(利益確定)が発生するので税金計算が必要になります。

海外取引所で取引をしている方はこの部分が大きく影響するので計算が複雑になります。

仮想通貨を他の仮想通貨に交換しているため、手元に資金がなくとも多額の納税が出ているケースもあるので今すぐ利益計算をしておきましょう。

③マイニングの場合には仮想通貨付与段階で利益確定が起きている

マイニングを個人でおこなっている方やクラウドマイニングをおこなっている方もいらっしゃいます。

これらの方はマイニングで付与された仮想通貨にも税金がかかるので注意しましょう。

仮想通貨をもらっただけで、売却をしなければ税金がかからないと思っていると知らない間に脱税になってしまいます。

マイニングをしている場合には計算に注意しながらおこなう必要があるので税理士さんに相談しておきましょう。

④仮想通貨FXも確定申告が必要になる

仮想通貨FXというものも確定申告が必要になります。

仮想通貨FXも「FX」という言葉がついていますが、源泉分離課税の適用はないので注意しましょう。

仮想通貨FXをしている場合にも仮想通貨の利益計算をしっかりとおこなって確定申告をおこなっていきましょう。

2.ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨取引の計算はとても時間がかかる

仮想通貨取引の計算は時間がかかります。

仮想通過後との金額を追いかけることが必要になるため、思っているよりも時間がかかります。

取引所毎に管理画面もことなることから資料収集も大変になります。

自分で計算できる場合であればよいのですが、税理士さんに頼む場合には何が必要なのかをしっかりと聞いて早めに用意しなければ時間切れになってしまいます。

税金が出る場合には、確定申告期限から遅れると加算税というペナルティーもつくので注意しましょう。

特に税額が大きい人は加算税も高くなります。

3.仮想通貨取引の税金対策の今年の分は始まっている

平成29年度以前は仮想通貨の仕込みの期間で売買はしていない方も多いと思います。

この方は平成30年度から仮想通貨取引の税金対策を始めなければ、納税資金に困ることになります。

今時点は仮想通貨の保有だけという方も今すぐ税理士さんに相談しておきましょう。

4.千葉税理士事務所の仮想通貨取引の確定申告対策【相談料は仮想通貨でお支払い】

仮想通貨取引の確定申告に積極的に取り組んでいる税理士さんが少ないと聞きます。

仮想通貨や暗号通貨と話しても理解してもらえないかもしれません。

仮想通貨取引では多額の利益がでて、税金対策や資金繰りが重要になることも理解されないかもしれません。

私たちは仮想通貨取引の経理や確定申告対策に積極的に取り組んでおります。

仮想通貨専門税理士ですから初回相談料は仮想通貨でお支払いできます。

仮想通貨取引の確定申告をお考えの方は今すぐご相談ください。

30分の相談料は次の通りです。

※下記以外にも対応仮想通貨がございます。

①25XRP(リップル)

②40XEM(ネム)

※仮想通貨取引の計算には時間がかかることから確定申告期限が近くなるとお引き受けできないケースもありますのでご了承ください。

ご相談専用電話:0120-889-459

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 副業のアフィリエイトの確定申告対策はいつからがいいの?~副業アフィリは…

  2. 経理は自分でやる方が得?税理士に頼んだ方が得?~経理代行のメリット・デ…

  3. 確定申告対策その3:いつから経費で落とせるのか

  4. 自分で確定申告をするためのタイムスケジュールと注意点~間違った判断で税…

  5. 複数の事業をおこなっている人の確定申告の注意点~確定申告書を何枚も書く…

  6. 【領収書のもらい方~もらい方でトラブルになることも!~】

  7. 確定申告対策その6:小規模企業共済を上手に活用して節税をする~小規模企…

  8. 個人事業主の税金計算を税理士に頼むベストな方法とは【確定申告と経理】

限定企画!MFクラウド会計・弥生オンラインを検討している方にお得な税務顧問キャンペーン(個人・法人)

» 続きを読む

飲食店・建設業に人気のweb給与明細

飲食店・建設業に人気のweb給与明細

民泊やるなら経理と税務をしっかり対策!

法人設立前に知っておきたいこと

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内