不況の時ほど経営力が試される【経営計画コンサルタント】

札幌市白石区の経営に力をいれている千葉税理士事務所です。

私たちは税理士事務所は帳簿の入力や税金計算だけが仕事だと思っておりません。

むしろ、経営計画を通じて、どのようにお客様の会社がよくなるのかを考え、お手伝いしていくことが重要と考えております。

新型コロナウイルスが経営の重要さを考えるターニングポイントになる

新型コロナウイルス感染症による心理的影響・経済への影響など非常に大きなダメージを与えています。

こんな状況のときこと、経営者の経営に対する力が企業の存続を左右するといっても過言ではありません。

経営感度の高い経営者の方は新型コロナウイルスに対する融資制度への情報をつかむことが早かったり、経営に対する取り組みをされています。

一方で、自分が経営者だということから目を背けている方は「お客様が来ない」「売り上げがない」という状況だけにとらわれてしまいます。

利益を創る経営が危機を助ける

常に税金を払いたくないと思っていた方は利益を作ることができません。

計画的に利益を抑えていることと、税金を払いたくないから経費を使うは全く違います。

投資という活動で節税をしている会社は潜在的に力があります。

税金を払いたくないという無駄遣いの方は単発で経費を使っているだけなので、競争力はありません。

今回のような大きな経済環境の変化が起こってしまったときに、力を持っているかいないかはとてつもない差が出てきます。

仮に前期の最終利益が同じだとしてもです。

今すぐにできる経営対応とは

過去のことを嘆いていても現状を改善することはできません。

経営者が考えるべきことは収益を上げることよりも企業の安全度を高めることです。

新型コロナウイルスの影響は、世界的規模になっていることと終息の予測がわからないという問題があります。

リーマンショックの時や東日本大震災のときの不況のときも、企業が倒産するのは金詰りです。

経営者が今すぐにやらなければならないことは「資金繰り」です。

ただし、支払いを待ってもらうという話ではありません。

経営者が金融機関から融資を受けて手元キャッシュを厚くすることです。

しかし、これはあくまでも借入です。

短期的には銀行融資で資金を集めてしのぎますが、収益を上げられない会社はその後倒産してしまいます。

借入の返済原資はあくまでも利益だからです。

資金を集めた後は、経営者はしっかりとその後の経営に対する計画を立てましょう。

私たちは1社でも多くのより良い中小企業ができることを願っております。

経営を考える方は今すぐご相談ください。

 

 

関連記事

  1. 【記帳の方法の選び方~はじめての記帳~】

  2. 銀行からどう見られているかを意識する

  3. 決算書の読み方~貸借対照表の仕組みを理解しよう~

  4. 社宅を活用した会社と役員の節税対策【法人設立メリットで活用可能】

  5. 個人事業の建設業の節税はクレジットカードの活用から

  6. 消費税10%になったときの経理は面倒になる(今から始める経理とは)

  7. 売上1,000万円位の個人事業主が危険な理由とは【税務調査に当たる人が…

  8. 銀行借り入れをすることの本当の意味!

経営を考える経営者限定メルマガ

黒字を目指す経営者のためのメルマガ

経営・財務のセカンドオピニオン

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内

あんしんのZOOMミーティング

法人設立前に知っておきたいこと