将来をどうしたいのかわからない経営者が続出

札幌市白石区の経営に力をいれている千葉税理士事務所です。

新型コロナウイルスの影響もあり、売上が不安定になったり期間がずれこんだり、売上自体が下がってしまったという会社も多くあります。

むしろ、コロナの影響がないという会社はないと思っています。

最近の転職される方の中には「会社の将来が不安」という理由で転職先を探す方もいるという話も耳にします。

この「将来が見えない」というのは従業員だけではなく、経営者も同じです。

しかし、経営者の場合にはこれを前面に出して転職するということができないので日々の仕事でごまかしているという方が多いのです。

今の話で、気が付かれた方もいると思いますが、会社の将来が不安で従業員が退職をしているのです。

経営者がトップとしてのビジョンを見せられないから、従業員が辞めているのです。

その結果、社長が従業員の仕事をして、日々の忙しさで不安を紛らわしているという悪循環が始まってしまっているのです。

このことに気が付くと、経営者という会社のトップが将来のことを考えることがどれほど重要な仕事なのかがよくわかります。

残念ながら、この経営者の仕事というものを誰も教えてくれません。

社長が働いたら人件費がかからないから、自分が一生懸命作業をするということで安心してしまうのです。

目の前の仕事は今の収益です。

会社の存続に必要なのは今の収益と将来の収益の両方です。

特にコロナの影響などで将来が不透明になればなるほど、経営者が将来のことを考え対策をとる会社と作業だけをする社長の会社の差は広がります。

今すぐに会社の将来を考える方法とは

毎月面談をしている税理士さんと経営について話をすることが一番早いと思います。

なぜなら、税理士さんも経営者です。

小さくとも職員もおり、経営をしているからです。

さらに、数字の読み方・作り方を知っているはずです。

お付き合いしている税理士さんに、その税理士事務所のビジョンを聞くとわかります。

私たちの場合には、「お客様をよりよい黒字にする」という目標があります。

これを実現することがビジョンであり、やらなければならないことです。

そのためには、お客様に将来のことを考えていただきます。

具体的に数字に落とし込んで、その実行をしていただきます。

経営者は孤独です。自分ひとりで考えて、やり抜くことは非常に難しいです。

だからこそ、私たちは経営者と一緒に実現を目指して伴走していきます。

もしも、会社の将来を考えたいという方は今すぐご相談ください。

 

関連記事

  1. コロナの今こそ時間をどう使うか?

  2. 税理士さんへの不満が節税といっても問題は違うことが多い

  3. 5年後の自分を想像する【事業計画のススメ】

  4. 節税で会社が苦しくなる理由とは【経営計画コンサルタント】

  5. 本当の資金繰りを改善する方法とは

  6. 法人なりをした人の持続化給付金とは

  7. 利益がでないならコストを下げるは正解か?

  8. 銀行融資のための事業計画が無意味な理由とは【経営計画コンサルタント】

経営を考える経営者限定メルマガ

黒字を目指す経営者のためのメルマガ

経営・財務のセカンドオピニオン

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内

あんしんのZOOMミーティング

法人設立前に知っておきたいこと