仮想通貨の話を聞いてくれる税理士がいない

仮想通貨専門の千葉税理士事務所

Pocket
LINEで送る

仮想通貨に詳しい税理士は少ない。

ビットコインに代表される仮想通貨のご相談が増えています。
ご相談に見えられる方が皆さんお話になることは「仮想通貨に詳しい税理士が少ない」です。
仮想通貨や暗号通貨と話しても全く理解されないのです。
事業をされている方の場合、顧問税理士さんがついているケースもありますが仮想通貨に関しては専門外というケースも珍しくありません。

仮想通貨に税理士さんが詳しくないことにはいくつかの理由があります。

(仮想通貨に詳しい税理士が少ない理由)

①税理士さんは個人事業や法人の顧問がメイン

税理士さんは顧問契約で毎月顧問料をいただくことがメインです。

そのため事業に関する経理・税金の申告部分ばかり毎月処理をしています。

そのため仮想通貨のように新しい分野に対して取り組みをしなくても気にならない税理士さんが多いのです。

②税理士さんの中で所得税の専門的勉強をしている割合はものすごく低い

税理士になるためにはいくつかの方法があります。

税理士試験で必要な会計・税法科目を合格して税理士になっている割合はそれほど高くありません。

さらに税理士試験の際に所得税法を専門に勉強している人はさらに少なくなります。

所得税は会社の税務申告をする法人税とは性質が異なっている部分が多いのです。

仮想通貨の確定申告や個人の税金対策を考えるには所得税法に詳しくなければ難しいのです。

普通の確定申告ができますというだけではあまり意味がありません。

③ビットコインなどの仮想通貨は新しい仕組みのため最新情報に興味のある税理士さんでなければ勉強していない

税理士さんの平均年齢が60歳を超えていることをご存知でしょうか?

税理士業界は昔から年齢層が高い業界です。

税理士の平均年齢が高いということは税理士さんに相談しようと思った場合、年齢の高い先生に当たるケースが多くなります。

年齢の高い税理士さんは経験豊富という反面新しいことに積極的に取り組みにくくなっているケースもあります。

特に仮想通貨のように新しい分野であれば、インターネットにも詳しく様々な情報を得ていなければ理解ができないものです。

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

仮想通貨のその後を考える税理士はもっと少ない。

仮想通貨に詳しい税理士さんは少ないといわれています。
私たちの税理士事務所に仮想通貨のご相談にいらっしゃる方からもよく聞くお話です。
仮想通貨の特性や悩みについて話すことができる税理士さんが少ないのです。
その中で気になったことがあります。
仮想通貨で利益がでる方のその後について考える税理士さんは皆無といっても過言ではありません。
私たちは仮想通貨ででた利益の確定申告とその後についても一緒に考えていきたいと思っています。
ビットコインやアルトコイン(オルトコイン)で利益がでた方は「その後どのように生きていくのか」ということです。
数百万・数千万儲かっても税金を払うとかなり手持ち資金は少なくなります。
サラリーマン・OL・主婦の方で儲かった方は金銭感覚が狂う可能性があります。
もともと決まった収入と別に多額の入金があるためです。
仮想通貨で利益を得て税金を計算してもらえばよいというだけでは、その後の人生がおかしくなってしまうリスクがあるのです。
仮想通貨の確定申告だけではなく、その後についても考えていく必要が重要なのです。

仮想通貨は利確と納税のタイミングに注意

仮想通貨元年といわれた翌年、いきなり仮想通貨の大暴落が起きています。

利益確定で税金が発生したのに納税資金に困っている方も多いと思います。

私たち仮想通貨専門の税理士は仮想通貨に関する悩みを少しでも減らすお手伝いをしたいと考えています。

仮想通貨専門の税理士だから「初回相談料を仮想通貨」でお支払い

仮想通貨専門の税理士事務所なので、初回相談料を「仮想通貨」でお支払いいただくことができます。


皆さんがお持ちの仮想通貨によって初回相談料をお支払いいただくことが可能ですので今すぐご相談ください。

(対応仮想通貨の例)
①BTC(Bitcoin)
②ETH(Ethereum)
③ETC(Ethereum Classic)
④LISK(Lisk)
⑤FCT(Factom)
⑥XMR(Monero)
⑦PER(Augur)
⑧XRP(Ripple)
⑨ZEC(Zcash)
⑩XEM(NEM)
⑪LTC(Litecoin)
⑫DASH(Dash)
⑬BCH(Bitcoin Cash)
⑭ADA
⑮TRX(TRON)
⑯FUN