法人のクラウド会計は税務知識が最重要【決算対策では手遅れ】

Pocket
LINEで送る

クラウド会計は個人事業を中心に普及が進んでいます。個人事業は法人化する方も多いので法人でのクラウド会計の利用も今後増えていきます。クラウド会計は便利ゆえに油断しがちになります。特に法人の場合には知らないと大損をする税制が多いのでクラウド会計を導入する場合には税務知識が重要になります。

スポンサーリンク

法人のクラウド会計は税務知識が最重要【決算対策では手遅れ】

クラウド会計を正しく使えば自動的にインターネットバンキングやクレジット情報を経理してくれるようになります。

ある意味「税理士いらず」と思っている方も多いかもしれません。

ところが「経理だけできれば税理士がいらない」と思っている方、要注意です。

実は税理士事務所に経理を依頼している方と自社で経理を行っていて税理士さんにチェックや税務アドバイスをもらっている会社があります。

クラウド会計の自動経理になる前から自社で経理をしていながら税理士さんを頼んでいる会社は多いのです。

クラウド会計があれば自動経理ができるので、税理士さんがいなくても正しい経理になるはずです。

会社内部だけを考えると自社で経理担当者がいてすべて経理をしているのと、クラウド会計で自動的に経理ができるということは同じです。

正しい経理が会社内で完結するという目的に関して両方ともできているのです。

では、クラウド会計を導入することで何がよくなっているのでしょうか?

クラウド会計でできることは経理の時間短縮【税務知識や節税対策ではない】

クラウド会計でよくなっていることは次の点です。

①クラウド会計で経理担当者の残業時間が減る

②クラウド会計で経理担当者の変更が容易になる

③クラウド会計で記帳代行料金が下がる

クラウド会計で行われることは、会計ソフトで「ポチポチ」と手で入力していた手間が激減することです。

クラウド会計はクラウドの請求書システムやクラウドの給与計算ソフトを使うことで経理業務自体が連携されていきます。

経理の仕事は会計帳簿をつけるだけではなく、給与計算をしたり請求・入金チェックをすることがあります。

これらをクラウドで統一することで一つの作業で二つの仕事が終わるということになります。

例えば、

・請求書を作成するとクラウド会計に経理処理が完了する

・給与計算をするとクラウド会計に経理処理が完了する

・クラウド会計の給与で計算すると年末調整時なども簡単に終わる

MFクラウド会計を使うかfreee(フリー)を使うかで、できる範囲と料金が変わってくるので自社にあったクラウドソフトを選びましょう。

税務知識は事前にしっかりと入れておくことが重要【自動経理の落とし穴】

自動経理が進んでいくと「なんとなく税務もできている」と思いやすくなります。

私たち税理士でさえ帳簿処理が進んでいるとなんとなくできている勘違いしてしまうこともあります。

しかし、実際には経理が進んでいることと税務対策をすることは別問題です。

経理を進めて利益状況や会社の財産状況を見ながら、税務対策や経営対策を検討しなければなりません。

クラウド会計で経理をタイムリーにすることで会社の業況をいつでも見られるようにできます。

注意点は「いつでも見られる」と思うと「いつも見ない」になってしまうリスクが増えるということです。

自動経理になれてしまうと税務情報など経理と一体的に入ってきていた情報を取り込まなくなるリスクがあります。

【税務は事前申請が必要なものが多い】

税務は経理と連動するものですが、税務は税務署に対する事前申請という手続きが必要なものが多いのです。

税務署に書類を出さなくても事前に決めていなければ経費で落ちないものもあります。

税務調査では事前に手続きを取っていたか・会社内で事前に決まっていたものかもチェックされます。

さらに税務はコロコロ改正が入ってきます。

知らない間に新しい規定ができていることも多いのです。

知っていれば得ができる優遇税制というものと知らないで損をする改正もたくさん出てきます。

特に消費税の税率改正などがある場合、景気対策なども税制面も含めて改正が多くなるのです。

クラウド会計の上手な使い方【経理や事務の効率化に特化する】

クラウド会計で自動経理や請求・入金確認業務を効率化しましょう。

これからは人材不足と人件費の高騰が進んでくると思われます。

社会保険の加入義務の拡大も考えられます。

会社が複雑化する制度の中で効率的な業務運営をしていくうえではクラウド会計の導入が重要になってきます。

クラウド会計やクラウド給与計算・クラウド請求業務などを使うことで人材に依存した管理体制を簡素化することができます。

さらに、事務・経理担当の方の残業時間も減らすことができます。

自動経理をすることで経理や税務に対する情報が不足する部分を税理士さんにしっかりとサポートしてもらうことで補っていきましょう。

クラウド会計・クラウド経理の経営改善支援の税理士事務所

【クラウド会計が加速度的に普及が始まる年が到来】

千葉税理士事務所ではクラウド会計による経営の効率化をお手伝いしております。

クラウド会計も扱っている会計ソフトメーカーによって特徴が異なります。

大きなところでは「弥生会計」「MFクラウド会計」「freee(フリー)」の3つがあります。

私たちはメイン処の「弥生会計」「MFクラウド会計」「freee(フリー)」に台頭しております。

お客様の予算や業種によって使いやすいクラウド会計をご提案しております。

クラウド会計を導入しても慣れるまでに数か月の時間が必要になります。

今から対応していかなければ1年後に大きな差がついてしまいます。

私たちもクラウド会計を全力でサポートしていきますので、クラウド会計を検討している方は今すぐご相談ください。

ご相談電話 0120-889-459

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 正しい確定申告をしているのに高い税金を払い続けていませんか?~お金のか…

  2. 「建設業の下請け業者のための」経理のポイント

  3. MFクラウド会計を導入するタイミングはいつがベストか?

  4. 正しい青色申告は自社経理から【税務調査で指摘されないために】

  5. スマホで写真が撮れる人ができる簡単経理とは【スキャナ不要経理】

  6. 経理のプロが教える「領収書のもらい方・保存の仕方」~はじめての起業~

  7. 規模別にみる建設業の経理のポイント~社長が一人ですべて行っている建設業…

  8. 「弥生会計」と「やよいの青色申告」の特徴と違い~プロ目線の弥生会計とは…

限定企画!MFクラウド会計・弥生オンラインを検討している方にお得な税務顧問キャンペーン(個人・法人)

» 続きを読む

飲食店・建設業に人気のweb給与明細

飲食店・建設業に人気のweb給与明細

民泊やるなら経理と税務をしっかり対策!

法人設立前に知っておきたいこと

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内