仮想通貨の確定申告は複雑で面倒【今すぐ税理士に相談しましょう】

Pocket
LINEで送る

札幌市白石区の仮想通貨専門の千葉税理士事務所です。ビットコインなどメジャーな仮想通貨だけではなく、マイニングやICOなど様々な取引が有り税理士でも理解することが難しい仮想通貨は今すぐ税理士さんに相談しておきましょう。

仮想通貨の確定申告は複雑で面倒【今すぐ税理士に相談しましょう】

ビットコインで有名な仮想通貨ですが、それ以外にもたくさんの通貨があります。

仮想通貨を国内取引所だけで取引している方だけではなく海外取引所で取引している方やマイニング・ICOなど様々取引をされている方も多いと思います。

この仮想通貨の確定申告をしないままにすると脱税になるケースも多く非常に危険です。

新聞記事で出ているように税務署も仮想通貨の確定申告には注意を払っているようです。

当税理士事務所でも確定申告を前に仮想通貨に関するご相談をいただく機会が増えております。

税理士さんの中でも積極的に仮想通貨に関する勉強をしている先生と「仮想通貨はわからないから無理」という方の両極端になっているようです。

頭ではなんとなく分かっていても実際に確定申告をするとなると別問題というのも仮想通貨確定申告の特徴です。

実際に仮想通貨の確定申告を計算してみた【簡単なケースでも1日かかる】

はじめて仮想通貨の確定申告の計算をしてみた感想です。

仮想通貨の利益確定や考え方を理解していても「こんなに面倒なのか」と驚きました。

さらに発表されているタックスアンサーでは具体的な計算例などがないため「これってどうするの?」という疑問も出てきます。

実際に仮想通貨の確定申告計算をしてみてわかったことは「理解していてもほぼ1日かかる」ということです。

自動計算ソフトであれば短時間に計算結果が出るかもしれませんが、実際に集計してみるとほぼ1日かかります。

複雑なケースであれば数日以上かかることがあります。

仮想通貨専門の税理士さんは少ないらしい【早く相談したもの勝ちになるのでは】

仮想通貨に関する相談をしようと思っても仮想通貨に詳しい税理士さんは少ないらしいです。

仮想通貨自体に興味がなければ仮想通貨に関する経理や所得計算に関する情報を持っていない税理士さんがいてもおかしくありません。

税理士さん側からすると仮想通貨取引の確定申告は単発仕事になるので投資効率が悪い勉強と考えられてしまいます。

さらに仮想通貨に関する税務知識があっても実際に資料をみて整理をするとなると別次元の難しさがあります。

消費税が絡む仮想通貨確定申告の人はものすごく面倒【個人事業主は要注意】

仮想通貨は平成29年6月30日までは消費税の対象となっていました。

そのため平成29年の確定申告時には消費税の集計も必要になる人がいます。

平成29年度の確定申告では消費税の特例計算もあり仮想通貨取引をしている個人事業主などは計算が非常に面倒です。

実際に計算をしてみたところ通常の仮想通貨の確定申告の比にならないほど時間がかかります。

おそらく自動計算ソフトでは消費税の特例計算や消費税計算をすることは難しいのではないかと思います。

たった1年だけに関する特例までを盛り込んで作ることはない気がします。

仮想通貨の確定申告を自動計算ソフトは正確なのか?【実際に計算して疑問に思うこと】

これは仮想通貨に関する確定申告作業をしている中で個人的に思ったことです。

仮想通貨に関する計算を実務的に行っていると「仮想通貨確定申告の自動計算ソフトは万能なのか?」と疑問に思えてきました。

仮想通貨取引に関する国税庁の方針が発表されそれに則って計算をするソフトが発表されているようです。

しかし、実際に仮想通貨取引資料を集めて計算していると自動計算ソフトでは間違いが起きやすい可能性があります。

(自動計算ソフトの間違いの可能性)

1.外部送金先での利益確定を漏らしやすい

2.対応している仮想通貨取引所以外は対応できない

3.ICOやマイニングに関して対応していないものもあるのでは?

原則的に仮想通貨の原価計算上送金は考慮に入れる必要がありません。

ただし、外部送金した先でICOに参加していたり海外取引所に送金しているケースがあります。

この場合自動計算ソフトで集計漏れの利益確定(利確)が起きているケースがあります。

集計ソフトにCSVをいれただけで完全な計算ができていると思っていると脱税になっていることも珍しくないと感じます。

海外取引所の仮想通貨取引に関して対応している自動計算もありますが、対応していない取引所に関しては自分で集計計算をする必要があります。

ICOやマイニングに関しては取引が複雑で面倒という点もあるので、自動計算だけでは難しいと感じます。

仮想通貨の利益が少ないケースでも税理士さんに頼む理由とは

利益が少ない場合でも仮想通貨の確定申告を税理士さんに頼む理由は「翌年以後の申告にも今年の原価計算が絡むから」です。

原価計算は今年だけの問題ではありません。

来年以後に利益確定する場合の原価にも影響しているのです。

そのため来年以後の申告を見据えて税理士さんに相談したい方はプロの税理士さんに相談しているのです。

仮想通貨専門の千葉税理士事務所の確定申告

最近仮想通貨のご相談の多くいただいております。

そのため様々な取引形態の仮想通貨取引についても研究させていただいております。

ただ確定申告期限が近くなってからの場合、期限内申告に間に合わないケースもありますので今すぐご相談ください。

確定申告期限をすぎてから確定申告をしたい期限後申告にも対応しております。

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. ビットコインの確定申告は税理士がベスト【税務の方向性が決定】

  2. ビットコインなどの仮想通貨の確定申告は今すぐ税理士さんに頼むべき理由と…

限定企画!MFクラウド会計・弥生オンラインを検討している方にお得な税務顧問キャンペーン(個人・法人)

» 続きを読む

飲食店・建設業に人気のweb給与明細

飲食店・建設業に人気のweb給与明細

民泊やるなら経理と税務をしっかり対策!

法人設立前に知っておきたいこと

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内