【軽減税率対策補助金が始まりました!】

お客様との最近の話題は「消費税はあがるのか?」だったりします。

ご存じの方も多いかと思いますが、今回予定されている消費税率10%になるタイミングで軽減税率が適用される予定となっております。

この軽減税率に対応するための補助金があることをご存じでしょうか?

これを軽減税率対策補助金(中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金)といいます。

軽減税率対策補助金(中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金)とはどんなものか?

大きく分けるとA型(複数税率対応レジの導入支援)というものとB型(受発注システムの改修等支援)の2つになります。

A型(複数税率対応レジの導入支援)

※ リースによる導入も補助の対象です。

① A-1型:レジ導入型

内容:複数税率対応の機能を有するPOS機能のないレジの導入費用を対象

② A-2型:レジ改修型

内容:複数税率に対応していないレジを複数税率に対応するレジに改修する場合の費用を対象

③ A-3型:モバイルPOSレジシステム

内容:複数税率に対応したレジ機能サービスをタブレット・PC・スマホの汎用端末と付属機器を組み合わせてレジとして利用する場合の導入費用を対象

④ A-4型:POSレジシステム

内容:POSレジシステムを複数税率に対応するように改修・導入する場合の費用を対象

 

補助金額:補助上限額は1台あたり20万円が上限

     複数台数申請については、1事業者あたり200万円を上限

原則補助率:2/3

         例外:① 導入費用が3万円未満の機器の場合 → 3/4補助率

            ② タブレット等の汎用端末の場合   → 1/2補助率

 

B型(受発注システムの改修等支援)

原則としてすでにEDI/EOS等の電子的受発注を利用している事業者が対象となっております。

ただし、取引先の要請などによって、新規にシステムを導入する場合は補助事業の対象となります。

B-1型:受発注システム・指定事業者改修型

内容:システベンダー等に発注して、受発注システムを改修・入替する費用を対象

 ※ 指定事業者による代理申請が原則

      改修・入替に着手する前の交付申請+改修・入替が完了した後の完了報告が必要なので注意しましょう。

 

B-2型:受発注システム・自己導入型

内容:中小企業・小規模事業者が自らパッケージ製品・サービスを購入して導入して受発注システムを改修・入替する費用を対象

    ※ 事務局に登録されたパッケージ製品・サービスが対象となります。

 

詳しくは、事前にレジメーカー・販売代理店などにご相談ください。

 

 

 

 

関連記事

  1. 青色申告の書き方はどうしたらよいか【会社設立前に知っておきたいポイント…

  2. クレジットカードの使い方を知らずに損をする人が続出~クレジットカードの…

  3. 弥生会計オンラインの注意点とメリットは?

  4. 確定申告対策 その7 ~ 青色申告ですか?白色申告ですか?~

  5. 毎月の経理はストレスフリーの外注がおすすめな理由

  6. 弥生会計を買ったけども税理士さんに頼んだ方が良い人とは【節税の効率とは…

  7. 建設業の個人事業主が気をつけるべきポイント【税務調査・確定申告】

  8. 法人化するなら決めておきたい経理の効率化【自社経理か税理士さんに任せる…

経営を考える経営者限定メルマガ

黒字を目指す経営者のためのメルマガ

経営・財務のセカンドオピニオン

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内

あんしんのZOOMミーティング

法人設立前に知っておきたいこと