「安い」を求める人は結局「損」をする~商売の不変のルール~

Pocket
LINEで送る

ものごとは安ければよいのでしょうか?「安く手に入ったので良かった」というのは本当の話でしょうか?安くなったつもりが結局大損をしたということはよくあることです。場合によっては、損をしたこと自体に気が付いていないのかもしれません。

スポンサーリンク

「安い」を求める人は結局「損」をする~商売の不変のルール~

弥生会計・MFクラウド会計専門の札幌市白石区の千葉税理士事務所の無料税金ワンポイントです。

事業を始めると色々な人から声がかかります。

「インターネットやビジネスフォンを導入しませんか」や「コンサルタント契約を結びませんか?」など様々営業が来ます。

逆に、こちらからもいろいろな人に声をかける場合もあります。

「当社のサービスを導入しませんか?」や「ぜひとも当店の商品をお求めください」だったりします。

自分が消費者としての立場の際には、「少しでも安く」を求めたくなります。

下手をすると無料であれば嬉しいとなります。

しかし、安いものや無料を求めて本当に得をしているのでしょうか?

グローバルコミニケーションは難しい

損をしていること自体に気が付かない恐怖~低価格を要求する癖~

税理士が「安いこと=悪い」と話をしていること自体に違和感があると思います。

会社の決算書を見ると経費が小さければ利益が出ます。

つまり、経費は少なければ少ないほど利益になるのでよいのです。見た目は・・・。

問題は利益の出し方です。

商売はwin-winが原則です。

「ほかは安いところがたくさんあるので安くしてください」

「これくら無料でやってください」

これを相手に要求していることはありませんか?

大手の会社を相手に交渉しているのであれば問題が少ないかもしれません。

家電量販店であれば、「インターネットで少しでも安いところがあれば合わせます」と書いていたりします。

これは、そこまで下げても利益が出る構造になっているため、薄利多売ビジネスです。

しかし、お互いが中小企業同士であれば大問題です。

一つ一つの取引を大切にしていかなければ中小企業は成り立ちません。

それなのに、「安くしろ」や「無料でやれ」と言われてしまうとビジネスが成り立ちません。

どこかを削って帳尻を合わせるしかありません。損を覚悟で仕事をしていても続けることができません。

自分だけが得をしようとすると相手は損をします。

結局取引は長く続きません。

ビジネスパートナーの関係にはなりません。

起業をして事業をしていくと、社長は孤独になります。

社長にとって一番大切なものはビジネスパートナーです。

税理士やコンサルタントだけがビジネスパートナーではありません。

取引先も大切なビジネスパートナーなのです。

スポンサーリンク


ビジネスパートナーが大切な理由

ビジネスパートナーは売り買いだけの関係ではありません。

様々な情報やアイデアを出してくれます。

時には、一緒になってビジネス事態を共同で作っていったりもします。

自分で事業をやる醍醐味は、楽しく仕事ができることです。

同じ経営者同士で、同じように成長していきたいと思える人とビジネスパートナーを組むことで経営者同士のスピーディーな事業展開ができます。

開業したてのころにコンサルタントと名乗る怪しい人と付き合うくらいなら本当のビジネスパートナーを作ったほうが確実に成功します。

しかし、「安くしろ」や「無料でやれ」ということばかりを言っているとビジネスパートナーはできません。

ビジネスイメージ―契約成立

ビジネスパートナーがいない~営業マン数人分の売上ロス~

営業マンを一人雇用すると数十万円かかります。

しかも、社会保険を付けたり未払残業代リスクだったりパワハラリスクだったりと非常に頭の痛い問題を抱える可能性があります。

無料の営業マンがいたらどうでしょう?

さっきまで、さんざん「安くしろ」や「無料」はよくないと話していたのに急になんだと思うかもしれません。

しかし、無料の営業マンはいるのです。

それは、ビジネスパートナーです。

ビジネスパートナーは本業の部分でファンになっていただいたお客様です。

取引をしていながら、社長の会社のことも気にかけて営業してくれます。

特に、中小企業にとっては非常に重要なキーマンです。

いま、社長が一日に顔を出す取引先は何社でしょう?

1か月に会う人の数はどれだけでしょう?

実は、これと同じだけビジネスパートナーも毎日・毎月人に会って仕事をしているのです。

つまり、自分一人で営業に回れる件数は自分の時間だけです。

ビジネスパートナーとして自社を応援してくれる人は、社長がいけないところでもあなたの会社の商品やサービスを営業してくれます。

これはwin-winの関係があるビジネスパートナーだからできることです。

当然ですが、社長もビジネスパートナーの仕事やサービスを広げるお手伝いをすることです。

そうすることでお互いのビジネスを加速度的に成長させていきます。

これは、直接的に取引先や売上が増えることだけではありません。

ビジネスに関する情報も同じようにあちこちからはいってくるに越したことはありません。

商売は流れです。

上流が儲かってから下流に流れるのです

スポンサーリンク


まとめ

相手に「低価格」を求めるときに、自分が「低価格」を強要されたとしたらどう思うかを考えましょう。

「安さ」を強要することは大切なビジネスパートナーを失うことです

ビジネスパートナーは社長が動ける営業先と同じ数だけ、営業してくれます。

ガッツポーズ・ビジネスウーマン

千葉税理士事務所の取り組み

「ビジネスを応援する」これが一番大切だと考えています。

税金は基本的には黒字になればかかります。消費税は赤字でもかかります。

事業をするためには、税金との闘いという側面はあります。

しかし、事業が儲からなければ税金の心配もない代わりに生活できません。

本質は商売を楽しんで設けることと考えています。

千葉税理士事務所では、ビジネスパートナーになることを目標にしております。

千葉はいろいろなビジネスのアイデアなどを世間話と考えています。

税金の話や世間話にお付き合いいただける方は今すぐご連絡ください!0120-889-459

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. アフィリエイトを法人化するメリットはあるの?~個人事業アフィリと副業ア…

  2. 決算期3か月前の決算対策:遅れた決算対策で資金繰りが悪化する理由とは

  3. 青色申告の書き方はどうしたらよいか【会社設立前に知っておきたいポイント…

  4. 【決算書の読み方~決算書ってなに?】

  5. 確定申告対策その4:今年開業した方はココに注意!

  6. 失敗しない起業のための他社分析~自社のすすむべき方向検討~

  7. 開業年に自分で確定申告をすると損をする理由とは【会社設立年は税理士がお…

  8. 【法人設立に向けて~法人設立前に知っておくポイント~その8 開業届を出…

限定企画!MFクラウド会計・弥生オンラインを検討している方にお得な税務顧問キャンペーン(個人・法人)

» 続きを読む

飲食店・建設業に人気のweb給与明細

飲食店・建設業に人気のweb給与明細

民泊やるなら経理と税務をしっかり対策!

法人設立前に知っておきたいこと

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内