経理は自分でやる方が得?税理士に頼んだ方が得?~経理代行のメリット・デメリット~

Pocket
LINEで送る

経理や確定申告を自分でやることが本当に説くかどうかをしっかりと考えていますか?経理や確定申告を自分ですることで、数年間でものすごい損をしている可能性があるのです。自社が経理を自分でした方が良いのかどうかの基準を見ていきましょう。~弥生会計・MFクラウド会計の札幌市白石区の千葉税理士事務所~

スポンサーリンク

経理は自分でやる方が得?税理士に頼んだ方が得?~経理代行のメリット・デメリット~

弥生会計・MFクラウド会計専門の札幌市白石区の千葉税理士事務所です。

弥生会計・やよいの青色申告などの会計ソフトを購入すれば誰でも簡単に経理も税金申告もできると思ってしまう方が多いのです。

確かに昔に比べると経理は非常に簡単にできるようになりました。

しかし便利な弥生会計・やよいの青色申告やfreeeなどの会計ソフトを購入しても簿記や経理の経験がなければ帳簿の内容が合っているのか・間違っているのかがわからないのです。

会計ソフトを導入することによって入力さえすれば、正しい経理ができていて税務調査があっても安心と思ってしまうのは非常に危険なのです。

一般的に使い勝手のよい弥生会計・やよいの青色申告・freeeなどの会計ソフトを使っていても自動的に正しい確定申告にならないという点は注意が必要です。

特に自分なりの経理を初めて癖がついてしまうことで、経理が間違ったまま進んでしまったり税金申告でリスクが大きくなります。

個人事業を開業して1年目から経理や税金のプロの税理士に任せる意味はここにあるのです。

弥生会計・やよいの青色申告などの会計ソフトを上手に活用しつつ税理士事務所を上手に使う方法をしっておくことで費用も効果も高くなります。

働く女性

社長が自分で経理をするケースと事務員さんを雇用しようか迷っている場合:税理士事務所に経理依頼も有効

実際のところ自分で経理するよりも税理士事務所に経理を依頼した方が得というケースの方が多いかもしれません。

経理専門で人を雇用するとなると毎月最低でも5万円~10万円程度はかかります。

最近は特に人材不足ですので、経理の募集をしてもしっかりと経理を任せられる人材確保は困難です。

パートさんに事務を依頼するとしても月1万円~3万円程度の収入にしかならなければ事務員さんとしてきてくれることは難しくなります。

副業のパートさんの場合、守秘義務についても若干の不安が出てきてしまいます。

会社のお金に関する最重要機密を副業のパートさんに委ねる勇気はなかなかでてきません。

さらに社長自身が次の事務関係を理解して教えてあげることができなければ事務員さんが無駄になってしまいます。

①請求書の作り方

②領収書の書き方

③預金通帳の管理

④領収書の整理の仕方

⑤得意先からきた請求書の整理の仕方

これらの経理の手順を理解して、自分でしっかりできる事務員さんは経験者です。

しかも中小企業の事務として働いたことのある方でなければなりません。

大きな会社の経理をしている方は中小企業の経理のようにあらゆる事務を一人でこなしていません。

請求書の作成であれば請求業務だけを専門としておこなっており、給与計算や領収書の整理・会計ソフトの入力などを経験していないことがあります。

結局予算を大きく取らなければ、事務が安心して任せられる人材確保ができないという事情があるわけです。

そこで税理士事務所に経理全般を依頼することが有効なケースがあるのです。

スポンサーリンク


税理士事務所に経理代行を依頼するメリット・デメリット

○ 税理士事務所に経理代行を依頼するメリット

社長が自分一人で会社を切り盛りしている場合には、売上を作る時間ロスは会社成長の大きな阻害要因になります。

年数をかければかけるほど社長の年齢は上がっていきます。

社長自身が営業力・技術力に力を入れなければ、ただただ時間だけが過ぎてしまいます。

時間が過ぎるということは社長の年齢が上がることになります。

年数がかかればかかるほど競争力は無くなります。

社長一人の会社であれば、「社長の年齢上昇=競争力の低下」ということになります。

年齢が上がれば資金調達力も下がります。

銀行からすれば回収可能年数が短くなるわけですから、融資に慎重になってきます。

会社が成長するためには銀行融資を効果的に活用する必要があるのです。

社長の年齢が上がることは成長可能性のある融資が難しくなるリスクを抱えることになります。

そうならないためには起業後に経理に時間をかけている場合ではないのです。

この事実に気が付くのは起業してから10年後です。

この会社と社長にとっての大きなデメリットを回避する方法が税理士事務所への経理代行です。

(広告)税理士事務所に経理代行を依頼するときにも効率的なクレジットカードはこちらです

× 税理士事務所に経理代行を依頼するデメリット

税理士事務所に経理代行をするデメリットはきちんとしたルールを決めないで経理代行を出した場合です。

経理代行を依頼する側が事業に関係のあるものとないものを分けないまま税理士事務所に資料を出してしまうと経理がゆがみます。

税理士事務所は経理経験が豊富だからなんでもわかると思われるかもしれませんが、完璧な判断はできません。

例えば、

一般の会社でTVゲームの領収書がはいっていれば事業用ではないと思うかもしれません。

しかし、飲食店や歯科医などで待合室においてあれば事業用の可能性があります。

これ以外にも一般的には経費にならないと思うものでも、経費になる業種や使い方があります。

税理士事務所ではこれを領収書だけでは判断できないのです。

こういったミスが起きないようにするには、きちんと経理に関するルールを決めておくことが重要です。

まとめ

・社長が一人で営業・内勤をおこなう会社は経理を社長がやると目に見えない成長ダウンが起きる。

・社長が経理をおこなうと成長に必要な時間が失われたことに10年後気が付く。

・奥様や家族が経理を手伝ってくれる場合でも、家庭がギクシャクしそうであれば経理は外注したほうが良い。

・経理代行に依頼する場合には、経理経験豊富で税務調査経験もある税理士に依頼する方が良い。

千葉税理士事務所の経理代行・確定申告代行

千葉税理士事務所ではお客様が自分で経理ができるようになることを目指しています。

なぜなら、会社が自分で経理をしてタイムリーな判断ができることがベストだからです。

しかし、経理ばかり一生懸命やっていても売り上げが上がって利益が出なければ会社はつぶれます。

会社にとってメリットがある場合は経理代行を引き受けさせていただいております。

そこで会社で経理をすることのメリットが小さい会社には経理代行をお任せいただいております。

千葉税理士事務所の経理代行の特徴

ただの丸投げということはできません。

正しい経理をするために最低限必要なことはお客様にしていただきます。

なんでもやってもらって楽ということは、会社は実態を理解しないまま経営していくことなのです。

楽をしているつもりでも、経営的には大変なことになっていくということを知ってほしいのです。

しっかりと経理情報を生かした経営をしていただくためにも、お客様と経理体制を作っていきます。

本気で事業を成功させたいというお客様としっかりとした経理を作っていきます。

・社長に数字に興味を持っていただきます

・社長に税金の仕組みを理解していただきます

・社長に資金繰りの仕組みを理解していただきます

千葉税理士事務所の記帳代行・確定申告代行ではこれらのことを目標にしております。

面倒だから頼むだけでは社長は損をしていると考えています。

一緒に成長していきたいという方は今すぐご相談ください!

ご相談専用電話 0120-889-459

スポンサーリンク


関連記事

  1. 副業のアフィリエイトの確定申告対策はいつからがいいの?~副業アフィリは…

  2. 法人化するなら決めておきたい経理の効率化【自社経理か税理士さんに任せる…

  3. ビットコインの確定申告は税理士がベスト【税務の方向性が決定】

  4. 白色申告で確定申告対策~白色申告とは何か?~

  5. 決算期3か月前の決算対策:遅れた決算対策で資金繰りが悪化する理由とは

  6. 税理士は節税で選ぶことが正しいのか?【自分に合った会計事務所選び】

  7. 消費税は2年免税ではなかった【消費税が2年目からかかる会社続出】

  8. 銀行借り入れをすることの本当の意味!

決算料無料の定額料金プラン

人気の定額プラン登場

決算料無料の毎月固定の税理士プランができました。
最低限必要な手続きが入っているので、大変お得な料金プランです。

人気の記帳代行プラン

人気の記帳代行プラン

記帳代行が月々12,000円~の低価格プランです。
低料金設計になっているので大変人気の経理プランです。

飲食店・建設業に人気のweb給与明細

飲食店・建設業に人気のweb給与明細

民泊やるなら経理と税務をしっかり対策!

法人設立前に知っておきたいこと

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内