「減価償却費+利益=キャッシュ増加」の説明って本当?

札幌市白石区にある経営に力をいれている千葉税理士事務所です。

会計事務所の説明でよくある「減価償却費+利益=増加キャッシュ」という話を聞いたことはありませんか?

今期の利益は○○万円ですので「減価償却費が▲▲万円なので利益○○+減価償却費▲▲万円した金額が”増えたお金”」になります。

こんな説明を決算時だったり毎月の監査担当者訪問で聞いたことがある方も多いと思います。

この説明を聞きながらも「いや、そんなにお金が楽になっていない」と感じている方も多いと思います。

「利益があるのにこんなに資金繰りが苦しいのだから節税をしてもっと楽になりたい」と感じるのは自然かもしれません。

まして、次の場合には「そんなお金ないよ」という洒落にならない状況になっているはずです。

  • 銀行融資を検討していて赤字脱出をするために利益を出した会社

  • 売上が急激に伸びた会社

  • 新規取引先を開拓した会社

これらの会社は「利益+減価償却費」を見る限りもっとお金があるはずなのに、手元にお金がないケースが増えている可能性があります。

なぜ「利益+減価償却費」がプラスなのに手持ち資金が増えていない、場合によっては減ってしまっているのかを質問してみましょう。

この「利益+減価償却費」以外にもお金が減る理由あるのです。

  • 売上が伸びることで在庫が増える(経費にならない出費)

  • 取引先の売上が伸びたことにより入金待ちが増加

  • 取引先の支払いサイトの変更

一番危険なのは銀行融資を受けるために利益を出そうとして売上を伸ばした会社です。

前期の決算状況が悪いために、今期頑張ったのですが余計に資金繰りが苦しくなってしまうのです。

なんとなく「利益+減価償却費」がお金が増える要素を思っていると財務状況が厳しくなるので注意しましょう。

私たち千葉税理士事務所では、試算表の提供だけではなく経営に力をいれております。

このような財務の部分も含めて事前に打ち合わせを進めていきます。

もし、経営について心配という方は是非ご相談ください。

関連記事

  1. 決算期3か月前の決算対策:早すぎた決算対策で資金繰りが悪化する理由とは…

  2. 法人決算申告対策その3:損金不算入の租税公課の取り扱い

  3. 銀行からどう見られているかを意識する

  4. 銀行融資のための事業計画がうまくいかない理由とは

  5. 赤字会社で社長がやるべきこととは”これ”だ

  6. 不況の時ほど経営力が試される【経営計画コンサルタント】

  7. 物価高騰時代の経営はコレができないとマズイ

  8. 建築業で財務を改善するためには何をすべきか

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内

法人設立前に知っておきたいこと