会計事務所に頼んでいるのによくならない理由

札幌市白石区の経営に力をいれている千葉税理士事務所です。

現在、他の税理士事務所様に依頼されている方からのご相談を受ける機会も多くなってきました。

その際に、「税理士さん頼んでいるけども全然よくならない」という話を耳にします。

私たちもお客様すべてをよくできている気がしないため、大きなことは言えません。

しかし、なぜ会計事務所に頼んでいるのに経営が良くならないのかを見ていきましょう。

(目次)

1.会計事務所を特徴で選んでいない

2.経営をよくするためには”どの特徴”が重要なのか

3.経営に強い会計事務所の選び方

 

1.会計事務所を特徴で選んでいない

会計事務所(税理士事務所)を選ぶときに、目的をもって選んでいるでしょうか?

よくある会計事務所の選び方から見ていきましょう。

①インターネットで”税理士+地名”で検索して選んでいる

②”安い”・”低料金”で税理士さんを探している

③知り合いの紹介だけで決めてしまっている

④税理士紹介サイトで税理士さんを紹介してもらっている

⑤電話営業の税理士さんを選んでいる

この選び方が非常に多い選び方です。

特にインターネットが普及してからは、条件検索で税理士さんを探す方が増えております。

インターネットのホームページを見ると、立派な会計事務所がたくさんあります。

大きく分けると会計事務所の特徴は次のパターンが多いと感じます。

①低料金型

②節税のアピール型

③税務調査得意型

①低料金型

低料金型は、月の顧問料9,800円~などの記載が多いと思います。

料金表が細かく、実際に積み上げていくとそこそこの値段になることが多いと感じます。

②節税のアピール型

節税のアピール型は節税効果をアピールしている会計事務所です。

わかりやすくいうと「節税のことならお任せください」のような記載が多い税理士事務所です。

③税務調査得意型

税務調査得意型は国税OBの先生の在籍を主張している会計事務所が多い気がします。

○○税 ××税理士のように、専門税目毎の先生が出ている会計事務所は税務調査得意型になる気がします。

国税OBの先生でその税法を税務署時代に専門でやっていた方が顧問として入っていることが多いと思います。

ここで重要なことは、経営を良くしたい会社が①~③の特徴の会計事務所を選ぶこと自体がおかしいということです。

一見よさそうに見える”節税得意型”や”税務調査得意型”ですが、経営上全く意味がありません。

経営がうまくいかないということは”赤字体質”の会社です。

その赤字を黒字にしなければならないのに、節税をする必要自体があるのかという問題です。

税務調査対策をするほど、利益を出して、キャッシュがあるのかということです。

まずは、経営をよくするのであれば①~③の会計事務所を選んでいる時点で間違っているのです。

 

2.経営をよくするためには”どの特徴”が重要なのか

経営を良くしたいという場合に選ぶ会計事務所は”経営に強い会計事務所”です。

経営に強い会計事務所は、そう簡単に見つけられません。

もしも、この記事を目にしている方であればわかると思いますが、インターネットで検索しても経営に関することを会計事務所の記事から見つけることは困難だからです。

(経営に強い会計事務所の特徴)

経営に強い会計事務所といっても、何をみたらわかるのかが重要です。

個人的な見解ですが経営に強い会計事務所の特徴は、次の点が挙げられます。

①低価格ではない

②相続専門などを謳っていない

③面談の際に難しい指標などの話でない経営の話ができる

①低価格ではない

お客様の経営についての話をする会計事務所が低価格をしていることがおかしいのです。

経営の基本は”買っていただける限り高値であること”が基本です。

そこが低価格でしているということは、そのお客様に対する経営方針が”安売り”と言えます。

②相続専門などを謳っていない

経営に関することを専門としているのであれば、相続税申告もしっかりとしていますがそれを専門とは書きません。

なぜなら、経営に対する取り組みも相続に対する取り組みも専門としてやっていくためには並々ならぬ努力が必要です。

経営に大切な”重点主義”ということを徹底しているのであれば、相続専門と謳っていながら経営が専門ということは考えにくいのです。

③面談の際に難しい指標などの話でない経営の話ができる

経営に関する難しい指標がたくさんあります。

英語がたくさん並んだ難しい名前の数値です。

これを並べて、標準的パーセントはなどと説明されてもわからなければ意味がありません。

わからないものを聞かされて経営の改善ができるはずがありません。

経営の話をする上で、社長が理解できて、ワクワクする話をするのが経営に強い会計事務所です。

3.経営に強い会計事務所の探し方

経営に強い会計事務所を探す方法を考えてみましょう。

経営に強い会計事務所は見つけることが非常に難しいです。

なぜなら、その会計事務所が儲かっていて大きいかどうかではないからです。

大きな税理士事務所はその会社自体は儲かっているかもしれませんが、皆さんの会社・業界の経営について詳しいわけではありません。

まして、その税理士事務所の経営は上手くいっていても、職員数が多く、入れ替わりが大きい可能性も高くなります。その場合、担当者が経営に関することを勉強していない可能性があるのです。

経営に強い会計事務所の選び方は、次のポイントを大切にしましょう。

①初期面談で経営に関する無料カウンセリングを受ける

②知り合いの経営者から経営に関するサービスを受けている先を紹介してもらう

③ホームページをよく読む

安い税理士さんを紹介してもらおうと思って、経営に強い税理士さんを紹介してもらえる可能性は低くなります。

顧問料を高く払っていても満足している税理士さんを紹介してもらった方がハズレが少ないのです。

(経営に力をいれている千葉税理士事務所の特徴)

私たち千葉税理士事務所は”お客様を黒字にすること”を目標にしている税理士事務所です。

節税をしてもお金が無くなります。

本当にお金を増やしたければ、思っているよりも大きな利益を上げなければ残りません。

この事実から目を背けずに、お客様に収益をあげ、利益を出していくお手伝いをすることが目的です。

もしも、会社の売上を上げたい・財務を改善したいという方は今すぐご相談ください。

 

関連記事

  1. 社長=経営者ではない

  2. 2代目社長のための「税理士事務所」ってどんな人たちなのか

  3. 銀行融資のための事業計画がうまくいかない理由とは

  4. いくらの売上が最低必要なのか?

  5. 節税で会社が苦しくなる理由とは【経営計画コンサルタント】

  6. 安売りがダメな理由とは

  7. 持続化補助金にも経営計画が重要

  8. 黒字だから経営計画は必要ない?

経営を考える経営者限定メルマガ

黒字を目指す経営者のためのメルマガ

経営・財務のセカンドオピニオン

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内

あんしんのZOOMミーティング

法人設立前に知っておきたいこと