新型コロナウイルスの影響下の税理士選びとは

札幌市白石区の経営に力をいれている経営計画コンサルタントの千葉です。

新型コロナウイルスの影響が病気それ自体だけでなく、会社経営にも急激に重篤化させるリスクが大きくなっています。

今までの税理士選びによくあった「節税」「低料金」「無料」というものでは対処ができなかったというのが、今の現状です。

節税にいくら強くとも、ここまでの不況になってしまうと節税をする利益が出てきません。

節税をメインに行っている場合には、コストを増やす提案がほとんどでした。

新型コロナウイルスの影響下で企業が行うべきものは、第1に資金の確保です。

節税とは真逆の動きになります。

今の税理士選びは節税ではなくなってきたのかもしれません。

元々、税理士さんはある程度の節税というものを知っているのでそれだけを謳う必要はなかったのかもしれません。

次に、低料金の税理士選びです。

今、皆様に聞きたいことは「月1万円・2万円のコスト差で会社がつぶれますか?」ということです。

私は逆に、帳簿入力だけ頼んでいてで情報がないことの方が会社にとっては大きなリスクがあると思います。

経営者の仕事は会社の危険度を下げることです。

これは資金確保と同じくらい重要な情報の確保です。

最後に「無料相談」です。

税理士事務所でよく行っているものです。

私たちもよかれと思って行っていた時期があります。

無料で聞くことができる情報だけで、満足してしまって得をしたと思う方もいると思います。

実は、無料でよい情報を聞くことができることも十分にあります。

では、なぜ「無料相談」が良くないかということをお話しします。

無料でよい情報を聞けたということは、その人が良い情報を持ち続けているということが確認できたのです。

それなのに、無料相談で目先の利益だけを得ておしまいにしているのは非常にもったいないのです。

まさに新型コロナウイルスの影響で経営力が必要なこの時代には情報をもっている税理士さんに勝るものはありません。

そして、どれだけお客様の経営をサポートしているかということが重要なのです。

持続化給付金や雇用調整助成金だけでは、会社を守ることが難しくなります。

「今すぐに打たなければならない手」とこれからの先を見据えた対策をしなければならないのです。

私たちは、税金だけでなくお客様の経営について一緒に考えてきます。

関連記事

  1. 5年後の自分を想像する【事業計画のススメ】

  2. 1年分の領収書の経理を今すぐ頼みたい方はどうすべきか?【確定申告直前対…

  3. 消費税10%になったら税理士さんに経理代行を頼むメリットが増える

  4. 建設業の個人事業を法人化したときの確定申告の注意点

  5. 資金繰りが悪い会社が改善するために必要なこと【経営計画コンサルタント】…

  6. 経理が苦手な場合の税理士活用方法【記帳代行で時間を節約】

  7. 黒字企業割合は37.4%しかない。黒字化のススメ【経営計画コンサルタン…

  8. 事務員さんを雇用するよりも税理士に任せる段階とは

経営を考える経営者限定メルマガ

黒字を目指す経営者のためのメルマガ

経営・財務のセカンドオピニオン

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内

あんしんのZOOMミーティング

法人設立前に知っておきたいこと