インボイスで一人親方は消費税記載NGになるの?

札幌市白石区の建設業に強い千葉税理士事務所です。

令和5年10月よりインボイス制度が始まりました。

しかし、インボイスに登録したほうがよいかどうかで悩む方がいるままスタートしてしまった制度なので具体的に何をどうしたらよいかわかっていない建設業の方が多いです。

今回は消費税免税の一人親方建設業のインボイス制度との付き合い方についてお話しします。

(目次)

1.消費税免税の一人親方建設業は今後消費税記載はNG?

2.一人親方建設業のインボイスとの付き合い方

3.一人親方建設業は情報を取ることが大事

 

1.消費税免税の一人親方建設業は今後消費税記載はNG?

建設業の方がインボイスで準備するものを見ていきましょう。

まず、建設業でも一人親方の方でインボイス登録をしていない方は元請けとの話し合いで今後の工事単価に影響がある可能性があります。

今までは消費税を請求していたけども、インボイスが始まったら消費税分を請求できないと考えているかもしれません。

ここで誤解があるので説明しますね。

元々消費税がかかっていない業者のことを免税事業者といいます。

この免税事業者が消費税分を請求書などに記載して請求しても問題ありませんでした。

実際に消費税の納税の有無と記載しているかどうかは切り分けて考えられています。

今回のインボイス制度が「消費税分」として記載することができなくなるということではないのです。

今までの記載をして請求しても問題はないのですが、インボイスという新しい様式で請求することはできないということになります。

インボイスというのはその定められた様式で記載している場合は、相手が消費税の計算上引ける消費税として認識できるというものです。

ややこしいのですが、インボイスと同じ様式を勝手に使ってやったら犯罪になるというだけです。

2.一人親方のインボイスとの付き合い方

ここの一人親方というのは建設業の免税事業者の人のことを対象に話をします。

では、今時点で消費税がかかっていない、かつ、インボイス登録をまだしていない方はどうしたらよいのかということです。

まず、自分の置かれている状況を把握しましょう。

①発注先・元請けは消費税の本則課税で申告しているかを確認

インボイス制度が始まると元請けがすべて影響を受けているとは限らなのです。

仕事を出してくれている相手が、一般家庭の場合であれば「あなたがインボイス登録をしているかどうかは関係ない」可能性が高いです。

なぜなら、一般家庭は消費税申告をして納税をすることがないからです。

では、取引先が業者であればどうでしょうか?

あなたがインボイス登録をしないと損をする相手は、消費税を納めていて、計算方法を本則課税というものをしている業者です。

イメージでいうと、売上規模が5,000万円を超えるような建設業が発注者という場合です。

取引している建設業がそこまで大きくない場合には、インボイスの影響を受けていない可能性もあります。

②自分の生活費をもっと増やしたらどうなるかを考える

最近は物価高騰が騒がれています。

その中でインボイス対応をしない代わりに、値引き交渉に応じたところや今後の値引き交渉が行われるところもあると思います。

20年前から今までで大手ファストフードのセットの値段はどうなったか考えてみてください。

今後も物価は上がっていくことがほぼ確実です。

消費税がかからない1,000万円以下で事業を続けるということは、今よりも生活の質が下がっていくことを許容するということになります。

色々な制限がなかったとしたら本当にしたい生活はどんなものですか?

節約や我慢の上に何とか出来ている生活であれば、この先維持することが難しくなります。

どういう生活くらいはしたいということを具体的に考えてみてください。

③インボイスについての交渉は消費税相当額を値引くか仕事単価を上げる

インボイスを登録していないことについて10%を値引く必要はありません。

相手が損をする金額は最初の3年間は消費税相当額の2割分・その後3年間は消費税相当額の5割です。

相手が損をする消費税相当額を値引くということで交渉することが良いと思います。

先ほども話しましたが、この売上を抑えるという方法は限界があるのでお勧めしません。

こんなことをしていたら、人を雇用することもできなければ、外注に出すこともできないほどジリ貧になります。

自分の生活の質もドンドン下がっていってしまうからです。

では、どうしたらよいかも見ていきましょう。

3.一人親方の建設業は情報を取ることが大事

インボイスを契機に自分の生活の今後をどうするのかを考えてみましょう。

今まで一人親方の建設業でもなんとかなったのは、勤務していた時よりも少し単価が高くもらえるだけで生活できたからです。

昔の勤務時代よりも最低賃金も上がり、物価も高騰しています。

勤務している建設業の人の単価と一人親方の請負単価との差額はどんどんなくなっています。

それなのに建設業に必要な道具・機械・車の値段は上がっています。

もしかしたら、外注に手伝ってもらおうと思ってもその単価も上がっているかもしれません。

これからの一人親方は経営に関する情報を取らないとダメです。

今回のインボイスの登録の可否だって、元請けからまともな説明がなかったはずです。

「インボイス登録しないなら単価下げるよ」や「インボイス登録しといて」という情報だったかもしれません。

質の良い情報をもらっているところは、一人親方でもしっかりと交渉できています。

元請けに話を聞いても、1社・2社の付き合いでは相手にとって都合の良い話しかしてもらえません。

建設業の業界が今どうなっているのか・今後どうなる可能性があるのかを話してくれることはないのです。

目の前の現場を終わらせているだけでは、忙しいけども赤字になったり、忙しいだけでお金がたまらないのです。

この状況を抜け出すきっかけにインボイスを契機に建設業に強い税理士さんと話をしてください。

私たちも新規の建設業のお客様とお話をする機会が多いです。

もっと交渉できる環境をどう作るのか・交渉の仕方をどうしたら単価が上がる可能性があるのかなどを今まで考えたことがないという話を耳にします。

これが建設業に強い税理士さんになると、どうしたら経営が良くなるのかを一緒に考えてくれるのです。

もしも、建設業で経営を良くしていきたいと思われた方は今すぐご相談ください。

相談電話:011-858-7007

関連記事

  1. 事務員さんを雇用するよりも税理士に任せる段階とは

  2. 建設業におすすめ会計ソフト【弥生会計・MFクラウド会計口コミ】

  3. 令和5年は建設業がやるべき3つのこと

  4. 建設業を法人にするとお金が無くなる理由~損をする建設業の法人化~

  5. 税理士さんに融資のタイミング聞けていますか?

  6. 税理士さんに聞いてみよう〜建設業の単価交渉

  7. 建設業の経理が難しいときは税理士さんに頼もう【給与計算サービスも人気】…

  8. 税理士先生の廃業で税理士探しが増えています

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内

法人設立前に知っておきたいこと