【法人設立に向けて~法人設立前に知っておくポイント~その9 決算期の決め方!】

法人を設立する場合、決算期を決めるということが非常に重要になります。

個人事業の場合は、1月1日~12月31日までの期間が事業年度ということになります。

その人がどんなことがあっても1月1日~12月31日の期間で集計して確定申告をしなければいけないということになります。

例外としては、その個人が出国をしてしまう場合や無くなった場合があるくらいです。

法人は設立するときに、事業年度というものを定めていきます。1年を超えない範囲で1年間の期間を事業年度として定めます。

たとえば、4/1~3/31の期間というように定めていきます。

これは、1日からスタートしなければいけないわけではなく、11日スタートということもできます。

たとえば、4/11~3/10の1年間を事業年度として定めることも可能なのです。

では、なぜこんな定め方をする法人があるのかということが気になりますね。

このような法人の場合は、元請け業者との締めの関係やお給料の締めの関係で定めていることが多いようです。

 

 

 

関連記事

  1. ふるさと納税は難しい?~個人事業主こそふるさと納税徹底活用~

  2. 売上が上がればハッピーとは限らない【経営者の意外な盲点】

  3. スマホで写真が撮れる人ができる簡単経理とは【スキャナ不要経理】

  4. サラリーマンや主婦の方の仕事は「副業?」「事業?」~在宅ワークの確定申…

  5. エクセルで帳簿をつければ大丈夫?~知らぬ間に55万円分の経費が損~

  6. 法人決算申告対策その1:法人税の交際費とはどんな経費?

  7. 法人決算申告対策その3:損金不算入の租税公課の取り扱い

  8. 弥生会計・やよいの青色申告を上手に使うと便利だった

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内

法人設立前に知っておきたいこと