税理士さんに銀行融資を受けたほうが良いか相談してみたら・・・。

(目次)

1.税理士さんに今後の融資の考え方を聞いてみよう

2.よくある税理士さんの回答とは

3.数字と今後の金融機関との付合い方を説明してくれたらOK

1.税理士さんに今後の融資の考え方を聞いてみよう

これを聞く意味は、税理士さんが「この先10年をどのように見ているのか」がわかります。

あなたのコロナ融資は10年返済だったりします。

大切なビジネスパートナーの税理士さんが今後の融資がどうなっていくのかを考えていなければ、あなたのコロナ融資の返済がうまくいかなくなるかもしれません。

今、経営者の方は将来が見えないという不安に包まれています。

それはコロナ禍から正常の経済に進む中で少子高齢化により労働力不測がひどくなっていくことがわかっているからです。

数が足りないだけでなく、飲食業・建設業などをはじめとして業種として人気が少なくなってしまったことで業種特性としての人で不足も起きています。

このような将来に対する不安の中で融資をどのように受けたり、返済したほうが良いのかを税理士さんに相談する方が増えています。

税理士さんがコロナ禍でコロナ融資を手伝ってくれたと安心していてはいけません。

あの時は誰でも簡単に融資が受けられる状況だったのです。

ここから先は、借りられる会社と借りられない会社・返済が順調に進む会社とリスケを含めて資金繰り改善をしなければならない会社に分かれてきます。

コロナ融資の時のように、誰でも融資が受けられるときは「誰が手伝っても融資が下りた」といえます。

これからは逆に誰でも簡単に融資が受けられることはなく、本当に経営的な考えで資金政策をしてくれなければ資金調達ができない時代に入っています。

 

2.よくある税理士さんの回答とは

銀行や信用金庫・信用組合の方が「融資を請けませんか?」と営業にいらっしゃることがあります。

そんなときに顧問税理士さんに相談したことがあると思います。

その時どう答えられましたか?

「銀行がお金を借りませんかというなら借りたほうがいいですよ」と根拠もなく言われたことありませんか?

借りやすさという点では金融機関からの提案の時のほうが借りやすいです。

あなたの会社の近くに新しく進出してきた銀行・信金などは「近くに出店してきたので新規でお付き合いをしませんか?」と来たりします。

でも、この話に乗ることであなたの会社の今後の融資が受けにくくなるリスクだってあるのです。

必ず税理士さんの回答には根拠を聞くようにしてください。

「借りやすそうだから借りてみては」という回答はNGです。

3.数字と今後の金融機関との付合い方を説明してくれたらOK

数字から今の資金需要はどうなのかを説明してくれないのは困ります。

なぜ、いつ、いくらの銀行借り入れをした方が良いのかを話してくれなければ、銀行主導で貸しやすいタイミングで貸しやすい金額の融資実行が行われます。

本当はもっとたくさんの借入交渉をすべきタイミングなのに「まずは最初ですので300万円の借入からお願いします」といわれていたとしても気が付いていないという事故につながります。

銀行借り入れをしたばかりで、追加の融資相談というのは経営者の資質が悪いと思われることがあるので経営上のリスクが増えたということです。

数字からいくらの資金需要があるのかを教えてくれる税理士さんはいい税理士さんです。

もっと良いのは、どのタイミングで銀行との付き合い方を変えていくべきかも話してくれる税理士さんです。

一般的には皆さんが銀行融資を受けているものは「信用保証協会の保証付き」と呼ばれるものです。

保証協会の信用保証枠の範囲内であればどの金融機関で融資を受けても同じなのです。

本当に応援してくれる金融機関をどうやって作っていくのかまで考えてアドバイスをくれる税理士さんは大切にしていきたいものです。

私たちは次のようなものを使ってお客様の会社が金融機関からどう見られているのかをご説明しております。

もし、ご興味がありましたらぜひご相談ください。

札幌市白石区の経営に力をいれている千葉税理士事務所です。

アメリカの経済好調と大局的に日本経済は明るい話をなかなか聞きません。

そんな中、令和5年10月より日本政策金融公庫のコロナ融資の条件が変更になりました。

貸出金利の補助が基準金利-0.9%から-0.5%となりました。

今回は銀行融資を受けたほうが良いかを税理士さんに相談した時にこんな状況よくあるという話をします。

(目次)

1.税理士さんに今後の融資の考え方を聞いてみよう

2.よくある税理士さんの回答とは

3.数字と今後の金融機関との付合い方を説明してくれたらOK

1.税理士さんに今後の融資の考え方を聞いてみよう

これを聞く意味は、税理士さんが「この先10年をどのように見ているのか」がわかります。

あなたのコロナ融資は10年返済だったりします。

大切なビジネスパートナーの税理士さんが今後の融資がどうなっていくのかを考えていなければ、あなたのコロナ融資の返済がうまくいかなくなるかもしれません。

今、経営者の方は将来が見えないという不安に包まれています。

それはコロナ禍から正常の経済に進む中で少子高齢化により労働力不測がひどくなっていくことがわかっているからです。

数が足りないだけでなく、飲食業・建設業などをはじめとして業種として人気が少なくなってしまったことで業種特性としての人で不足も起きています。

このような将来に対する不安の中で融資をどのように受けたり、返済したほうが良いのかを税理士さんに相談する方が増えています。

税理士さんがコロナ禍でコロナ融資を手伝ってくれたと安心していてはいけません。

あの時は誰でも簡単に融資が受けられる状況だったのです。

ここから先は、借りられる会社と借りられない会社・返済が順調に進む会社とリスケを含めて資金繰り改善をしなければならない会社に分かれてきます。

コロナ融資の時のように、誰でも融資が受けられるときは「誰が手伝っても融資が下りた」といえます。

これからは逆に誰でも簡単に融資が受けられることはなく、本当に経営的な考えで資金政策をしてくれなければ資金調達ができない時代に入っています。

 

2.よくある税理士さんの回答とは

銀行や信用金庫・信用組合の方が「融資を請けませんか?」と営業にいらっしゃることがあります。

そんなときに顧問税理士さんに相談したことがあると思います。

その時どう答えられましたか?

「銀行がお金を借りませんかというなら借りたほうがいいですよ」と根拠もなく言われたことありませんか?

借りやすさという点では金融機関からの提案の時のほうが借りやすいです。

あなたの会社の近くに新しく進出してきた銀行・信金などは「近くに出店してきたので新規でお付き合いをしませんか?」と来たりします。

でも、この話に乗ることであなたの会社の今後の融資が受けにくくなるリスクだってあるのです。

必ず税理士さんの回答には根拠を聞くようにしてください。

「借りやすそうだから借りてみては」という回答はNGです。

3.数字と今後の金融機関との付合い方を説明してくれたらOK

数字から今の資金需要はどうなのかを説明してくれないのは困ります。

なぜ、いつ、いくらの銀行借り入れをした方が良いのかを話してくれなければ、銀行主導で貸しやすいタイミングで貸しやすい金額の融資実行が行われます。

本当はもっとたくさんの借入交渉をすべきタイミングなのに「まずは最初ですので300万円の借入からお願いします」といわれていたとしても気が付いていないという事故につながります。

銀行借り入れをしたばかりで、追加の融資相談というのは経営者の資質が悪いと思われることがあるので経営上のリスクが増えたということです。

数字からいくらの資金需要があるのかを教えてくれる税理士さんはいい税理士さんです。

もっと良いのは、どのタイミングで銀行との付き合い方を変えていくべきかも話してくれる税理士さんです。

一般的には皆さんが銀行融資を受けているものは「信用保証協会の保証付き」と呼ばれるものです。

保証協会の信用保証枠の範囲内であればどの金融機関で融資を受けても同じなのです。

本当に応援してくれる金融機関をどうやって作っていくのかまで考えてアドバイスをくれる税理士さんは大切にしていきたいものです。

私たちは次のようなものを使ってお客様の会社が金融機関からどう見られているのかをご説明しております。

もし、ご興味がありましたらぜひご相談ください。

札幌市白石区の経営に力をいれている千葉税理士事務所です。

アメリカの経済好調と大局的に日本経済は明るい話をなかなか聞きません。

そんな中、令和5年10月より日本政策金融公庫のコロナ融資の条件が変更になりました。

貸出金利の補助が基準金利-0.9%から-0.5%となりました。

今回は銀行融資を受けたほうが良いかを税理士さんに相談した時にこんな状況よくあるという話をします。

(目次)

1.税理士さんに今後の融資の考え方を聞いてみよう

2.よくある税理士さんの回答とは

3.数字と今後の金融機関との付合い方を説明してくれたらOK

1.税理士さんに今後の融資の考え方を聞いてみよう

これを聞く意味は、税理士さんが「この先10年をどのように見ているのか」がわかります。

あなたのコロナ融資は10年返済だったりします。

大切なビジネスパートナーの税理士さんが今後の融資がどうなっていくのかを考えていなければ、あなたのコロナ融資の返済がうまくいかなくなるかもしれません。

今、経営者の方は将来が見えないという不安に包まれています。

それはコロナ禍から正常の経済に進む中で少子高齢化により労働力不測がひどくなっていくことがわかっているからです。

数が足りないだけでなく、飲食業・建設業などをはじめとして業種として人気が少なくなってしまったことで業種特性としての人で不足も起きています。

このような将来に対する不安の中で融資をどのように受けたり、返済したほうが良いのかを税理士さんに相談する方が増えています。

税理士さんがコロナ禍でコロナ融資を手伝ってくれたと安心していてはいけません。

あの時は誰でも簡単に融資が受けられる状況だったのです。

ここから先は、借りられる会社と借りられない会社・返済が順調に進む会社とリスケを含めて資金繰り改善をしなければならない会社に分かれてきます。

コロナ融資の時のように、誰でも融資が受けられるときは「誰が手伝っても融資が下りた」といえます。

これからは逆に誰でも簡単に融資が受けられることはなく、本当に経営的な考えで資金政策をしてくれなければ資金調達ができない時代に入っています。

 

2.よくある税理士さんの回答とは

銀行や信用金庫・信用組合の方が「融資を請けませんか?」と営業にいらっしゃることがあります。

そんなときに顧問税理士さんに相談したことがあると思います。

その時どう答えられましたか?

「銀行がお金を借りませんかというなら借りたほうがいいですよ」と根拠もなく言われたことありませんか?

借りやすさという点では金融機関からの提案の時のほうが借りやすいです。

あなたの会社の近くに新しく進出してきた銀行・信金などは「近くに出店してきたので新規でお付き合いをしませんか?」と来たりします。

でも、この話に乗ることであなたの会社の今後の融資が受けにくくなるリスクだってあるのです。

必ず税理士さんの回答には根拠を聞くようにしてください。

「借りやすそうだから借りてみては」という回答はNGです。

3.数字と今後の金融機関との付合い方を説明してくれたらOK

数字から今の資金需要はどうなのかを説明してくれないのは困ります。

なぜ、いつ、いくらの銀行借り入れをした方が良いのかを話してくれなければ、銀行主導で貸しやすいタイミングで貸しやすい金額の融資実行が行われます。

本当はもっとたくさんの借入交渉をすべきタイミングなのに「まずは最初ですので300万円の借入からお願いします」といわれていたとしても気が付いていないという事故につながります。

銀行借り入れをしたばかりで、追加の融資相談というのは経営者の資質が悪いと思われることがあるので経営上のリスクが増えたということです。

数字からいくらの資金需要があるのかを教えてくれる税理士さんはいい税理士さんです。

もっと良いのは、どのタイミングで銀行との付き合い方を変えていくべきかも話してくれる税理士さんです。

一般的には皆さんが銀行融資を受けているものは「信用保証協会の保証付き」と呼ばれるものです。

保証協会の信用保証枠の範囲内であればどの金融機関で融資を受けても同じなのです。

本当に応援してくれる金融機関をどうやって作っていくのかまで考えてアドバイスをくれる税理士さんは大切にしていきたいものです。

私たちは次のようなものを使ってお客様の会社が金融機関からどう見られているのかをご説明しております。

もし、ご興味がありましたらぜひご相談ください。

関連記事

  1. 銀行融資の本数を確認していますか?

  2. 先が見えない不安は計画を作ることで解決

  3. 給与計算を税理士さんに頼むメリット【税務調査時にも役立つ】

  4. 事業計画と資金繰り予測のススメ【利益予測も簡単に】

  5. 法人決算申告対策その3:損金不算入の租税公課の取り扱い

  6. 飲食店の経営に強い税理士とは

  7. 税理士さんへの不満が節税といっても問題は違うことが多い

  8. 事業はポートフォリオという考え方

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内

法人設立前に知っておきたいこと