経営承継円滑化法等の一部改正について

中小企業の事業承継を円滑におこなうために、民法の特例措置となる遺留分特例制度が設けられておりました。

しかし、この制度では親族内の事業承継の場合に遺留分の特例が設けられているというものでした。

これでは、後継者のいない経営者や後継者がいる経営者でも、子供に事業承継の意思がなければ使うことができないものでした。

第189回国会におきまして、親族外の事業承継においても活用ができるよう改正されました。

改正法は1年以内の施行が予定されておりますので、具体的施行日程に注目です。

関連記事

  1. 【消費税の自動振替にご注意を】

  2. 【領収書のもらい方~もらい方でトラブルになることも!~】

  3. 個人確定申告に向けてその1:12月までにやっておきたいポイント

  4. 【決算書の読み方~決算書ってなに?】

  5. 【帳簿の整理の仕方 その②】

  6. ゴールのない事業計画になっていませんか?

  7. コロナの影響で大きく変わる生命保険のニーズ

  8. 【今年の年末調整からマイナンバーに注意しましょう!】

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内

法人設立前に知っておきたいこと