建設業の税理士さんのお勧めの頼み方とは【経理代行編】

札幌市白石区にある建設業に強い千葉税理士事務所です。建設業の個人事業主のお客様・法人のお客様のお手伝いをしていて建設業の方独特な特徴を考えてみました。建設業の方にとって税理士さんにどのように頼む方がよいのかを考えてみました。

建設業の税理士さんのお勧めの頼み方とは【経理代行編】

建設業の方と一言でいっても規模がバラバラです。

個人事業主として売上500万円くらいの方から数億円という規模までばらつきがあります。

建設業のなかには大工工事、鳶、配管工事、型枠工事など様々な分野があります。

個人的な感覚としては建設業への税務調査が多いと感じる中で、建設業の経理・税金知識の必要性は高まっていると思います。

建設業の方の確定申告や法人決算での悩みとして多いのが、自分なりに経理をしているが不安ということです。

 

 

 

 

 

 

 

もう一つが経理自体が苦手やよくわからないので誰かに頼みたいという2つがあります。

実は経理ができるということと税金の知識があるということは一致しません。

俗にいう節税といわれるものは税金の知識があってから、実際に実行し、それに伴った経理をするという流れになります。

自分や奥様が経理をしている建設業の方が苦手な部分が、この税金に関する勉強ということになります。

経理はできるけども新しい税金や税務調査の知識などの税金に関する情報が不足気味という声を耳にします。

経理が苦手という方の場合には、経理+税金知識の両方が強くないということも多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、建設業の方が経理代行を税理士さんに頼む場合どうしたらよいかを考えてみましょう。

(目次)

1.建設業の方が経理代行を頼むメリット

2.経理代行と税務顧問をセットでメリットアップ

3.まとめ

1.建設業の方が経理代行を頼む3つのメリット

建設業の方は経理ができないと思われていることも多いと思います。

これは偏見です。

自分で会計ソフトを使って簿記や会計をすることが苦手なだけで、経理の基礎資料をしっかりとそろえてくれる建設業のお客様も多いのです。

中には資料の整理自体が苦手という建設業の方もいらっしゃいますが、これはどの業種にもいるわけです。

建設業の方が経理代行を頼むメリットについて考えてみましょう。

①難しい税金の情報に振り回されなくなる

建設業の方が絶対におこなわなければならない部分と確定申告などの税金に関する部分とを分けることで、難しい勉強をしなくともしっかりと経理・確定申告ができるようになります。

個人事業の建設業の方に多い「よくわからないから確定申告しなかった」という重大事故を起こさないようになります。

どうしてもよくわからないから確定申告できなかったといっても、脱税という扱いになってしまいます。

無申告や適当に出した確定申告では税務調査トラブルにも発展していきます。

結果として資金繰りや生活費にも悪い影響を与えるので、建設業専門の税理士さんに頼みましょう。

②経理の手間が省力化される

時間や労力を本業や営業という部分に使うことができます。

最近では働き方改革などもあり、より効率的に業務をこなす必要があります。

現場管理の書類作成など必要な業務が増えているので建設業に強い税理士さんに頼むことで効率化しましょう。

③定期的に強制的に経理が進む仕組みができる

個人事業主の建設業の方も法人の建設業の会社でも一番問題になるのは経理が頓挫してしまうことです。

決算や確定申告直前は一生懸命経理をしたのに、申告が終わると3ヵ月くらいゆっくりとしてしまいます。

これが原因で毎年経理が遅れてしまう原因なのです。

まずは、経理をプロに頼むことで毎月資料を用意していく習慣をつけることができます。

経理を外注に出す最大のメリットは定期的に経理を進められるところなのです。

2.経理代行と税務顧問をセットでメリットアップ

建設業のお客様のなかには確定申告時に所得税や消費税がいきなり出てしまって困っているという方も多いのです。

建設業に強い千葉税理士事務所では、建設業の方の業種特性に配慮して経理代行と税務顧問を低料金で設定しております。

建設業の方にとって毎月や3ヵ月に一度の面談が難しい方もいらっしゃいます。

そこで定期的な経理代行と税務顧問に特化した「税務顧問+経理代行プラン」がお勧めです。

定期的な面談が難しい建設業の方の場合、税金計算のための経理と年末調整・確定申告など最低限必要な税金関係をサポートする低料金プランです。

一番リスクの高くなる確定申告まで経理をしていないという状況を変えるだけで、翌年の確定申告の際の気持ちが変わってきます。

 

3.まとめ

建設業の方にとって税理士さんはハードルが高く感じる方も多いかもしれません。

しかし、建設業の方に対する税務調査の立会いも増えていると感じるので日常の経理・税金対策は必須な業種です。

建設業の税務調査で起こりがちな売上の計上時期のずれなども、建設業に強い税理士さんに依頼することでリスクが少なくなっていきます。

まずは建設業専門の税理士さんに相談してみましょう。

千葉税理士事務所は本気で経営をしている経営者と事業承継を考えている会社におすすめの税理士事務所です。

関連記事

  1. 決算書の読み方~損益計算書の売上総利益(粗利益)活用のポイント~

  2. 【確定申告対策 その13~建物を買ったときに経費にできるもの~】

  3. 【法人設立に向けて~法人設立前に知っておくポイント~その8 開業届を出…

  4. 「建設業の下請け業者のための」経理のポイント

  5. 正しい確定申告をしているのに高い税金を払い続けていませんか?~お金のか…

  6. 平成31年3月15日期限確定申告【早期対策スタート】

  7. 何月ごろに税理士さんを頼むのが良いのか?【確定申告で慌てないために】

  8. 【法人設立に向けて~法人設立前に知っておくポイント~その9 決算期の決…

経営を考える経営者限定メルマガ

黒字を目指す経営者のためのメルマガ

経営・財務のセカンドオピニオン

千葉税理士事務所はココが違う!


他の税理士事務所とは「ちょっと違う」千葉税理士事務所。若さ溢れるパワーで御社を全力でバックアップ!フットワークならどこにも負けません!札幌市内はもちろん、北海道内どこでもご訪問させていただきます!

千葉税理士事務所のご案内

あんしんのZOOMミーティング

法人設立前に知っておきたいこと